化学

宇宙一わかりやすい高校 (化学/物理/生物) の使い方やレベルを評価する

クロ
クロ
こんにちは!参考書オタクのクロです!

 

勉強を始めてすぐの頃「教科書読んでもあんまり理解できない」ってことありますよね。

実際教科書は文章ばかりで、あまり直感的な理解が得難い構成になっています。

そんな時に役に立つのが、市販の参考書ですね!

 

そこで今回は初学者のための参考書である「宇宙一わかりやすいシリーズ」について評価していきたいと思います。

 

この記事では「宇宙一わかりやすいシリーズ」の

この記事の内容
  • 基本情報
  • いいところ
  • 悪いところ
  • 使い方
  • どのような人にお勧めできるか
  • 始める前に使うべき参考書・問題集
  • 終わって後に使うべき参考書・問題集

について紹介していきます。

結論から言うと、ふざけた名前の問題集ではありますが、かなりオススメです!

教科書の内容を理解するための参考書としては一番わかりやすいですね。

 

この記事は

  • 宇宙一わかりやすいシリーズを買おうかどうか迷っている人
  • もう買ったが、どのように使えばいいか知りたい人

向けの記事です。

 

では、早速紹介していきます!

基本情報

使用目的 教科書理解補助
難易度 〜基礎レベル
使用目安時期 〜高3の6月
オススメ度★★★★☆
一周にかかる

時間の目安

一周約40時間

(±10時間)

「宇宙一わかりやすいシリーズ」は

  • 宇宙一わかりやすい高校化学(理論化学)
  • 宇宙一わかりやすい高校化学(有機化学)
  • 宇宙一わかりやすい高校化学(無機化学)
  • 宇宙一わかりやすい高校物理(力学・波導)
  • 宇宙一わかりやすい高校物理(電磁気・熱・原子)
  • 宇宙一わかりやすい高校生物

の計6冊が出版されています。

 

1冊はかなり分厚いので、こなすのに時間がかかるかと一見思います。

しかし、1ページあたりの内容が少ないのと、イラストがかなり多いので1冊あたり40時間もあれば1周できるくらいの感覚です。

宇宙一わかりやすいシリーズのいいところ

では「宇宙一わかりやすいシリーズ」のいいところについて紹介していきます。

「宇宙一わかりやすいシリーズ」のいいところは4つあります。

 

先に全て紹介してしまうと、

  1. とにかく初学者にわかりやすい
  2. 図が多く直感的に理解できる
  3. レベルにあった問題集が付いている
  4. 楽しく勉強できる

この4つです。

 

それぞれ詳しく説明していきます。

①とにかく初学者にわかりやすい

「宇宙一わかりやすいシリーズ」の一番の特徴は初学者にとってわかりやすい表現が使われていることでしょう。

具体的にいうと、専門用語を専門用語で説明することが一切ありません。

参考書にありがちな、解説の意味がわからないということは一切起きません。

 

さらに、その解説を理解するために必要な背景知識についてもしっかりと説明されています。

例を挙げるなら、物理の力学分野で必要となる三角関数やベクトルの知識についても説明されています。

 

クロ
クロ
このシリーズを買うだけできちんと理解できるような構成になっています。

 

②図が多く直感的に理解ができる

「宇宙一わかりやすいシリーズ」はすべての見開きで、左のページが文章による解説、右ページが図による解説という形をとっています

その構成により文章だけではイメージがつかない部分を図で直感的に理解することができます。

 

クロ
クロ
直感的な理解は後々役に立ってくるんですよ!

 

③レベルにあった問題集が付いている

「宇宙一わかりやすいシリーズ」には問題集が付いています。

すべての単元に対応する問題があるので、知識を詰め込むだけではなく、実際に使う演習もできます。

 

クロ
クロ
そんなに難しくない問題ばかりなので、参考書を見ながら無理なく解くことができます。

 

④楽しく勉強できる

「宇宙一わかりやすいシリーズ」はオリジナルキャラクター同士の講義形式をとっています。

 

参考書を読んでいるというよりかは、漫画を読んでいるかのように勉強できるのが面白いですよ。

宇宙一わかりやすいシリーズの悪いところ

「宇宙一わかりやすいシリーズ」の悪い点について紹介していきます。

悪い点は2つあります。

 

先に全て紹介してしまうと、

  1. 到達レベルが高くない
  2. 問題数は多くない

この2つです。

 

それぞれ詳しく説明していきます。

①到達レベルは高くない

「宇宙一わかりやすいシリーズ」は教科書が理解できていない人向けに作られています。

つまり教科書レベルの知識を無駄なく会得するために、難しい問題については対応できる能力はつきません。

教科書レベルの知識はすでに身についているという人は別の参考書・問題集を使うべきです。

②問題数は多くない

「宇宙一わかりやすいシリーズ」は問題集が付いています。

しかし、付いている問題集はおまけ程度のもので、問題数は多くありません。

 

「宇宙一わかりやすいシリーズ」は基本的に参考書なので、別に基礎的な問題集を買う必要があります。

基礎的な問題集としては、学校で配られる「セミナー」がオススメですよ。

 

セミナー化学・物理・生物の使い方やレベルを評価する〜初学者にオススメの問題集〜 今回は皆さんも良く知る問題集である「セミナー」について話していきます! 市販はされていないようですが、学校で配られて既に持...

 

宇宙一わかりやすいシリーズの使い方

では次に「宇宙一わかりやすいシリーズ」のオススメの使い方について紹介していきます。

オススメの使い方の手順は全部で3つです。

 

先に全て紹介すると

オススメの使い方
  1. 1章分右ページのイラストのみ流し読み
  2. 1章分左ページの解説も加えて読み込む
  3. 問題演習をする

この3つです。

 

それぞれ詳しく説明していきます。

①1章分右ページのイラストのみ流し読み

「宇宙一わかりやすいシリーズ」は、右ページはイラストで解説されています。

まずは右ページの図で解説されている部分のみ流し読みしましょう。

 

1章1時間くらいで読めるペースで大丈夫です。

 

この作業をすることで、その章ではどんな内容をやるのかをおおまかに把握することができます。

②左ページの文章の解説も読み込む

2周目は左ページの文章の解説もしっかり読み込みましょう。

1周目でおおまかに理解したところを細かい部分まで理解するように努めます。

ここで、完璧に理解しようとしなくても大丈夫で、次の問題演習と一緒に理解しましょう。

③問題演習をする

この参考書についている問題集を解きます。

この際に問題集の該当箇所をもう一度読みながら解いてみましょう。

 

2周目で完璧に理解できなかった部分も演習を通じて必ず理解できます。

 

「宇宙一わかりやすいシリーズ」の使い方は以上です。

1回で完璧に身につけることは不可能なので、上に書いた使い方を何回もこなしましょう。

 

クロ
クロ
最低3回くらいは上の作業をこなしましょう。

 

宇宙一わかりやすいシリーズはどのような人が使うべきか

では「宇宙一わかりやすいシリーズ」はどんな人にオススメか?ということについて紹介していきます。

 

オススメできる人は

  1. 独学しようと考えている人
  2. 偏差値50未満の人

この2つです。

 

詳しく説明していきます。

①独学しようと考えている人

公立高校とかでありがちなのは、授業進度が遅いことです。

僕の高校もそうでしたが、高校3年の12月に入試に必要な教科が終わっていないということもあります。

 

難関大学を受験しようと考えている人は6月くらいには。2次試験範囲は終わらせておきたいでしょう。

そう思って独学で学ぼうという人は、この参考書はかなりオススメです。

 

クロ
クロ
独学者には一番優しい問題集です。

 

②偏差値50未満の人

偏差値50未満の人はそもそも教科書の内容に抜けがある場合が多いです。

この問題集で抜けがないか一度確認しましょう。

1度授業で学んでいるのであれば、この参考書をこなすのにたいした時間はかかりません。

 

クロ
クロ
遠回りを恐れずにやってみてください。

 

宇宙一わかりやすいシリーズが終わった後に使うべき問題集

「宇宙一わかりやすいシリーズ」を終えた後にやるべき問題集について紹介します。

僕のオススメなのは「学校指定問題集」です。

詳しく説明していきます。

学校指定問題集

すべての学校で問題集が渡されると思います。

学校によって、セミナーだったりリードαだったりします。

 

宇宙一わかりやすいシリーズで基礎がわかった後は、学校指定の問題集で問題演習をしましょう

なぜか、学校指定の問題集を使うことに抵抗がある人が多いですが、教科書の知識を身につけるという点で、これほど優れた問題集はなかなかありません。

 

難関大学合格者も学校指定問題集レベルから始めています。

焦らずに学校指定問題集を完璧にしましょう。

 

セミナー化学・物理・生物の使い方やレベルを評価する〜初学者にオススメの問題集〜 今回は皆さんも良く知る問題集である「セミナー」について話していきます! 市販はされていないようですが、学校で配られて既に持...

 

まとめ

この参考書は、偏差値が50以上あるような、教科書の内容は理解できているという人が使うには優しすぎるでしょう。

しかしまだ教科書の内容があまり理解できていない人に対しては、かなり優秀な参考書です。

これ以上初学者に優しい参考書は僕は知りません。

教科書を読んでもあんまりわからないという人は買ってください。

 

この記事は以上で終わりです。

宇宙一わかりやすいシリーズの、使い方や買おうかどうかについて迷っている人の役に少しでも立てたなら幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

化学と物理の全体的な勉強法や使うべき問題集のルートについてはこちらの記事で解説してあるので、こちらも読んでみてください。

 

物理を独学で偏差値78まで上げた勉強法と使った問題集を紹介する 理系高校生が大学を受験するために避けて通れない科目が物理ですよね。 物理ってなんかややこしいし、文字が多いし、めん...

 

化学を独学で超難関大学に合格した正しい勉強法と問題集のルートを解説していく 高校の化学って覚えることも多すぎ!計算もややこしすぎ!って思いませんか?理論分野は計算力がいるし、有機分野はごちゃごちゃしてるし...

 

created by Rinker
¥1,706
(2019/07/13 20:16:56時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
¥1,598
(2019/07/13 20:16:56時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
学研プラス
¥1,598
(2019/07/13 20:16:57時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
¥1,598
(2019/07/13 20:16:57時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
¥1,490
(2019/07/13 20:16:57時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
¥1,598
(2019/07/13 20:16:58時点 Amazon調べ-詳細)