コラム

受験に合格したら生活はこう変わる!高校生と大学生の違いを10個紹介していく!

クロ
クロ
こんにちは!クロです!

 

受験勉強を頑張っている皆さんは、大学生活に大きな憧れを抱いていることでしょう。

  • 大学に入ったら恋愛をするんだ。
  • 大学に入ったらバイトをしてお金を稼ぐんだ。

こんな思いを持っている人もいるんじゃないでしょうか。

 

実際の大学生活を知ることで、受験勉強のやる気促進にもなります。

 

そこで今回は大学生活を4年間過ごした僕が、高校生と大学生の

この記事の内容
  • 学校の楽しみ方の違い
  • 時間割の違い
  • 自由の違い
  • 授業の違い
  • 学ぶ学問の違い
  • 友達関係の違い
  • 恋愛の違い
  • 卒業に必要な条件の違い
  • 長期休暇の違い
  • 部活・サークル活動の違い

について紹介していきます!

 

この記事は

  • 受験勉強を頑張っている人向け
  • 大学に入学した人向け

の記事です!

 

では早速紹介していきます!

1.学校の楽しみ方の違い

高校生活

  • 受け身の姿勢でも楽しめる

大学生活

  • 積極性がないと楽しめない

まず学校の楽しみ方の違いを説明します。

これは大学入学前に1番知っておいてほしいことです。

 

高校生活は受け身の姿勢でも楽しめるような環境が整っていました。

文化祭があったり、体育祭があったり、遠足があったり、修学旅行があったり。

自分から積極的に行動しなかったという人でも何かしらの思い出はあるでしょう。

 

しかし、大学生活では受け身の姿勢では全く思い出は作ることができません

強制参加のイベントなんてありませんし、何もしなくても誰にも怒られません。

なので高校生活とは違って、大学生活4年間で何の思い出も残せなかったという人も中にはいます。

大学生は「何もしなくてもいいが、なんでもできる場所。」ということを頭の片隅に入れておいてください。

 

積極的に行動すればなんでもできます。

大学生になったらやりたいことを幾つか考えておくといいでしょう。

2.時間割の違い

高校生活

  • 決められた時間割をこなす

大学生活

  • 好きな授業を選んで受ける

高校生と大学生の違いで1番有名なことは時間割の違いでしょう。

 

高校生までは、時間割が全て決められていて、決められた時間割通りにたんたんと授業を受けていくというスタイルが多かったですよね。

嫌いな科目の時間は憂鬱になったりもしているのではないでしょうか?

 

しかし、大学からは必修科目以外は好きな授業ばかり受けることができます

  • 心理学が好きならば、心理学の授業を取る。
  • 数学が嫌いならば数学の授業は取らない。

といった選択の余地ができます。

 

クロ
クロ
好きなことを好きなだけ学べるのが大学です。

 

ただその分授業を自分で決める手間がかかったりしてめんどくさいという感想を持つ人もいますね。

 

文系と理系どっちがいいの?大学生活や時間割や進路などを徹底比較 多くの人が高校1年生もしくは2年生で経験する文理選択。 文系に進もうか、理系に進もうかどうしよう。と悩む人もいます...

 

3.自由の違い

高校生活

  • やってはいけないことが校則で決められている

大学生活

  • 犯罪以外は基本なにをしても大丈夫

大学に入学するととにかく自由になるというイメージを持っている人も多いのではないでしょうか?

 

高校では校則でやってはいけないことがたくさん決められていました。

例えば、髪を染めてはいけない、バイトをしてはいけない、免許をとってはいけない。

など学校によって様々ですが、随分と自由は制限されているでしょう。

 

しかし、大学に入学するとあなたを縛り付けるものはなにもありません

髪を染める、バイトをする、免許を取るはもちろんやってもオッケーです。

ピアスを開けても怒る人はいません。

なんでもできるのが大学生です。

 

クロ
クロ
自分がやりたいのにできないことは何か。今から考えておくといいですよ。

 

4.授業の違い

高校生活

  • クラス全員で50分間決まった席で受ける

大学生活

  • 自分が選んだ授業を90分間自由な席で受ける

高校生は基本的に自分の席が決まっていますよね。

クラスの教室も決まっていて、自分の席もある。

席替えが一大イベントになるのもそのせいです。

 

しかし大学生になると、クラスの教室や自分の席なんてものはなくなります

友達と同じ授業を受けるのであれば、必ず隣に座れます。

授業も90分間と長くなり、やる気のない人は後ろの席でスマホをいじっています。

 

クロ
クロ
いい意味でも悪い意味でも自由になるので、大学生活4年間で学力の差が大きく開くということも珍しくありませんね。

 

5.学ぶ学問の違い

高校生活

  • 基礎的な内容を幅広く勉強する

大学生活

  • より専門的な内容を狭く勉強する

あなたを焦らせるために言いたいのではないのですが、現実として大学受験で勉強している内容は基礎的な内容です。

 

基礎的な内容を幅広く勉強するのが高校生です。

大学生になるとより専門的な内容に移っていきます。

 

僕は理系なので理系科目を例に出すと

高校生では「物理全般」を勉強していました。

しかし、大学生になると物理の中の「電磁気のみ」・「熱力学のみ」を詳しく勉強するようになります。

 

クロ
クロ
絶対勉強は難しくなります。

 

自分のやりたい学問の学部はしっかり選んでおきましょう。

興味のない学部に入学すると後から困りますよ。

6.友達関係の違い

高校生活

  • 狭く深い友達関係
  • 自然と友達はできる

大学生活

  • 広く浅い友達関係
  • 友達は自然には出来にくい

一概には言えませんが傾向として大学では広く浅い友達関係が多くなります

 

大学生特有のワードとして「ヨッ友」という言葉があります。

すれ違う時に「よっ!」というだけの友達のことですね。

同じ授業の時だけ一緒にいる。

その授業が終わったらさようなら、という友達関係が増えますね。

 

さらに高校生の時は文化祭や遠足などクラス行事がたくさんあって自然と友達ができやすい環境が整っていました

しかし、大学ではクラス行事なんてものはありません。

自発的に動けなければ、ぼっちの大学生活もあり得ます。

 

クロ
クロ
いまから心配する必要はありませんが、「大学では自発的に動かなければならない」ということは知っておきましょう。

7.恋愛の違い

高校生

  • 狭いコミュニティでの出会い
  • お金のかからないデート
  • 純粋な恋愛

大学生

  • 様々なコミュニティでの出会い
  • お金がかかる遠出デート
  • 打算的な恋愛

高校生の恋愛と大学生の恋愛の様子も随分と変わってきます。

 

高校生の時に恋人になる相手といえば、同じ高校の人が多かったでしょう。

比較的コミュニティが広い人でもバイト先くらいですよね。

 

大学生になるとコミュニティはかなり広がります。

バイト・同じ学部・サークル・学生活動・合コンなど

出会いの場がかなり広がります。

 

そのおかげで、高校生の時と比較すると大学生は恋人が出来やすいですね。

さらにバイトを始めて、免許を取る人が増えるのでデートも遠出が増えます。

 

高校生の時は地元の公園デートなどが多かったと思いますが、大学生になると県をまたぐほど遠出することも珍しくありません。

 

クロ
クロ
デートの幅が広がります。

 

良いことばかりのように見えますが、悪い面もあります。

それは大学生になると打算的な恋愛が増えるということです。

 

  • とりあえず恋人欲しいし、あの人なら他人にギリギリ紹介できるから付き合っておこう。
  • 本命ができるまでとりあえず付き合っておこう。

そのような会話がかなり増えました。

 

出会い方も高校生の時のように自然と仲良くなるのではなく、

合コンやマッチングアプリを使った出会いも増えてきます。

完全に純粋な恋愛を高校生のうちに楽しんでおくと良いですね。

8.卒業に必要な条件の違い

高校生

  • 単位認定は40点以上
  • 留年は殆どない(1%程度)

大学生

  • 単位認定は60点以上
  • 留年は割とする(20%程度)

まだ高校生の人は全く考えてないかもしれませんが、大学生になると絶対に考えておかないといけないのは「留年の可能性」です。

 

高校生で留年する人は学年で数人しかいませんでした。

割合でいうと1%程度でしょう。

留年しそうになっても救済措置はしっかりあったのではないでしょうか?

 

しかし、大学生になると結構普通に留年します

学部にもよりますが20%ほどは留年すると考えても良いでしょう。

単位認定も60点以上と難易度は高いです。

 

しかも、教授陣も留年する学生に慣れてしまっているので簡単には救済処置はくれません。

自分は大丈夫なんて思っていてはいけませんよ。

9.長期休暇の違い

高校生

  • 夏休みは1ヶ月
  • 春休みは2週間

大学生

  • 夏休みは2ヶ月
  • 春休みは2ヶ月

高校生の長期休暇は長くても1ヶ月ほどでしたよね。

それでも長すぎると思っていたりもするのではないでしょうか?

 

大学生になると長期休暇はさらに長くなります。

夏休みも冬休みも2ヶ月ほど休みがあります。

大学生は長期休暇にリゾートバイトをしたり、友達と遊んだり、免許を取りに行ったりと様々な過ごし方をします。

 

どんな過ごし方をしたとしても大学生の長期休暇はとにかく暇ですね。

ゴロゴロしてたらいつの間にか1日が過ぎていたりもします。

10.部活・サークル活動の違い

高校生

  • 部活は週5~6回で半強制参加

大学生

  • 部活は週3回程度で半強制参加
  • サークルは週2回程度で自由参加

高校生の時の部活は週に5回もしくは6回程度活動していて、半強制参加の部活しかありませんでした。

 

しかし、大学に入ると高校の時と違って「サークル」に入ることができます。

サークルと部活の違いは自由かどうかですね。

サークルは連絡なしに行かなくても別に問題は起こりません。

ゆるーい雰囲気を楽しめるのがサークルの良いところです。

 

そして、僕は大学に入学するまで知らなかったのですが大学にも部活はあります。

基本的に半強制参加という点では高校生の時と変わりません。

 

しかし、週5回も活動するところは殆どなく、週3回程度の活動頻度の部活が多いですね。

サークルの方がゆるくて良いと思いますが、体育会系の部活に入ると就職が有利になったりもします。

 

クロ
クロ
自分の好きな方を選んでみてください。

 

まとめ

大学に入学した後の生活は高校生とは全く異なったものになります。

高校生と同じ気持ちのまま過ごしているとつまらなかったり、うまくいかなかったりします。

 

しかし、大学生活は基本的に楽しいです。

自ら積極的に動くということは絶対に覚えておきましょう!

 

この記事は以上で終わりです。

大学生活について知りたい人の役に少しでも立てたなら幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。