勉強法

過去問の正しい使い方と赤本はいつ開始するべきかについて解説する

クロ
クロ
こんにちは、クロです!

大学受験勉強の最終目標はもちろん志望校合格ですよね!

 

志望校合格を達成するためには試験を受けなければなりません

もちろんどんな問題が試験に出るかは当日にならないとわかりませんが、ある程度どのレベルの問題が出るのかを推測できる材料になるのが過去問です。

この記事では、過去問と赤本は同じ意味として扱っています。

 

クロ
クロ
皆さんは赤本(過去問)はもう買いましたか?

 

  • 過去問っていつからやればいいか分からない
  • 過去問ってどういう風に使えばいいか分からない
  • 過去問難しすぎて解けないから勉強のしようがないよ

なんて思って放置してたりしませんか?

 

クロ
クロ
過去問の使い方って意外と難しいですよね。

 

そこで今回は

この記事の内容
  • 過去問はいつから始めればいいのか?
  • 過去問の正しい使い方

について紹介していきます。

赤本はいつから始めればいいのか

ではまずは赤本はいつから始めればいいの?という疑問について話していきます。

まず結論から言うと、「受験勉強を初めてすぐに赤本を解いてみろ」という言葉は間違いです。

赤本を開始すべき時期は、「志望校に受かるために必要なレベルの参考書・問題集を終えた時」です。

ではその根拠について、詳しく話していきます。

赤本は勉強を始めてすぐに解いてみろは間違い!?

学校の教師や塾の先生で、「赤本は受験勉強を始めてすぐに解いてみろ」なんて言っている人がいますが、正直それは間違いです。

 

なぜ間違いだと言えるか。それは単純に、解けるわけないからです。

もし、勉強を始めてすぐに解けるならば、よっぽどの理由がない限り、志望大学を変更することをお勧めします。

おそらく、1問も解けないでしょう。解説を見ても理解できません。

 

全く解けない過去問を見ることで、

  • 合格への遠すぎる道のりを感じて挫折する。
  • 志望校変更を考える。

などのデメリットが生じます。

 

もちろん「志望校の問題の傾向を知るためにまず赤本を解け」と言っている教師の言い分も理解できます。

しかし僕は、赤本を解いて志望校の問題の傾向を知るのは非効率すぎる。と思っています。

 

全く解けない、解説を見ても何を言っているかわからないという段階で赤本を見ても、問題の傾向なんてつかめるはずもないでしょう。

志望校の問題傾向はインターネットで探せば、わかりやすくまとめられたものがあるので、受験勉強を初めてすぐに赤本を解くメリットはほとんどない。

 

今ほどインターネットが発達していなかった時代は、過去問から問題の傾向を掴むしかできなかったのかもしれません。

しかし、現在ではインターネットで調べると大手の塾や予備校のサイトで問題傾向を赤本で得ることができる情報よりも詳しく説明しています

 

  • 問題の配点や大問ごとの出題傾向
  • それに対応するための参考書から知識問題が出る確率
  • 大問ごとの目標解答時間

赤本を見ただけでは知れない情報が書かれています。

同志社大学の入試傾向と対策-英語編- | 難関私大合格メソッド | マナビズム

 

クロ
クロ
傾向と対策を練るにはインターネットの情報で十分です。

 

赤本を開始するべき正しい時期

では肝心のいつから始めればいいのかという内容について話していきたいと思います。

僕の見解はただ1つで、志望校に受かるのに必要なレベルの参考書・問題集を終えたときです。

志望校合格に必要なレベルの参考書・問題集を終えて初めて過去問に着手するべきです。

 

何月に始めるべきかの明確な答えになっていないじゃないか!という人もいると思いますので、1つ指標を出しましょう。

試験1ヶ月前までには、志望校に受かるために必要なレベルの参考書・問題集は終えて、過去問に取り掛かりましょう。

もし1ヶ月前に、取りかかれる状態じゃないのであれば、志望校を変更しましょう。

1ヶ月前に必要なレベルの参考書・問題集が終わっていないというのは明らかに勉強不足かつ計画ミスです。

1ヶ月前ならば終わっている参考書・問題集のレベルに合わせて志望校を考えましょう。

 

そうならないために今からきっちりと勉強計画を立てておくと良いでしょう。

勉強計画の立て方についてはこちらの記事で詳しく解説してあります。

 

受験勉強はいつから始めるべきかの最適解を探すただ一つの方法 いつから受験勉強って始めたらいいの? もうそろそろ受験勉強始めた方がいいの? そんな悩み抱えてい...

 

必要な問題集・参考書さえ終わっていれば赤本は1ヶ月前からでも大丈夫です。

 

クロ
クロ
実際僕の場合も、大阪大学の過去問を解き始めたのはセンターが終わってからでした。

 

7年分の過去問を勉強するのには1週間で終わります。

1ヶ月あれば7年分の過去問を4週できるので、1ヶ月あれば十分でしょう。

 

変に過去問を開始するべき時期を意識しすぎてそれ以前の勉強をおろそかにするくらいなら、1ヶ月前でも間に合うから大丈夫、くらいの気持ちを持ってしっかりと土台を固めましょう。

 

3分で知れる「勉強は基礎が大事だ」という言葉の真意 皆さん「勉強は基礎が大事だ」という言葉、もちろん聞いたことありますよね。 基礎が大事だという言葉は本当に理解できて...

 

赤本の正しい使い方

志望校レベルの参考書・問題集が終わって、ついに赤本を使うときがきました。

しかし、ただ漠然と赤本に乗っている問題を解いていくのでは、正しい使い方とは言えません。

 

赤本以外の問題集と赤本では使い方が違うのです。

 

[大学受験生必見] 正しい問題集の使い方〜勉強を効率化しよう〜 大学受験において「問題集」を使わない、なんて人は1人もいませんよね。 多い人で全教科合わせて30冊くらい使う人もい...

 

では赤本の正しい使い方について紹介していきます。

 

先に全てあげてしまうと

赤本の正しい使い方
  1. 制限時間と捨て問、解く順番を意識して解く
  2. 解けなくてもすぐには諦めない
  3. 完全に解説は理解する

この3つです。

 

それぞれ詳しく解説していきます。

①制限時間と捨て問と解く順番を意識して解く

過去問の使い方の特徴として「本番を意識しながらとかなければいけない」ということが挙げられます。

限られた時間で出来るだけ多くの点数を獲得する練習をするために、「制限時間・捨て問・解く順番」を意識しながら解きましょう。

 

どれだけ勉強をしようが2次試験の問題で満点を取ることはないです。

例えば大阪大学の場合は2次試験5割5分取れば合格です。

そこで大事になってくるのは捨て問をいかに賢く選べるかです。

赤本は、決められた制限時間内でできる限りの高得点を取るために、制限時間と捨て問の感覚を養う練習に使いましょう。

 

受験当日の制限時間や解く順番を考えながら過去問を解いていきます。

試験問題は前から解く必要はありません。

時間ギリギリになって取りこぼす可能性を考えると、得意な問題から始めるのが良いでしょう

 

クロ
クロ
僕は、英作文や英文和訳が得意だったので、その問題から解き始めていました。

 

②解けなくてもすぐには諦めない

過去問を解く際は、解けなくてもすぐに諦めてはいけません。

 

青チャートなどの網羅系問題集と呼ばれる問題集では、「解き方の暗記をするためにわからない問題はすぐに解説を見る。」と言うような使い方をしてもいいですが、過去問ではそんな使い方はできません。

この問題わからないなぁ。と思ってもすぐに解説を見ずに解き方を考えてみてください。

 

本番ではわからない問題もしばらく考えないといけませんし、考えたら解ける問題もたくさんあります。

 

クロ
クロ
今までの参考書・問題集の知識を総動員して取り組みましょう!

 

③解説は完全に理解する。

「解説を完全に理解しなければいけない」というのは普通の問題集でも過去問でも同じです。

 

過去問の問題なんか絶対に自分が受ける年に出ないじゃん。なんて思っていませんか?

もちろんそのままの問題が出ることはあり得ません。

しかし、過去問で出た問題の解法の考え方が本番でとても役に立ちます。

過去問を制限時間・捨て問・解く順番を意識して解いた後は解答を見て、その問題を人に説明できるレベルまで理解しましょう。

まとめ

赤本の正しい使い方
  1. 制限時間と捨て問、解く順番を意識して解く
  2. 解けなくてもすぐには諦めない
  3. 完全に解説は理解する

赤本を正しく使えている人ってほんといないです。

しかし、その分差がつきやすいポイントにもなっています。

 

クロ
クロ
正しい使い方をしてライバルに差をつけましょう。

 

この記事は以上で終わりです。

皆様の受験勉強の役に少しでも立てたなら幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。