大学生活

大学生になって初めて髪の毛を染めたい人が失敗しないために注意すべきことを6つ紹介する

クロ
クロ
こんにちは!クロです!

大学に入学すると、高校生の頃はできなかったことがたくさんできるようになります。

 

その中の1つに「髪を染める」ということが挙げられるでしょう。

大学生になると髪の毛を染める人は多いですよね。

クロ
クロ
実際に僕も高校の卒業式の次の日に染めに行きました。

しかし、初めての髪染めで失敗したこともたくさんありました。

そこで、今回はこの記事を見ているあなたが、初めての髪染めで失敗しないように

この記事の内容
  • 初めて髪の毛を染める際に注意すべき点

について紹介していきます!

 

この記事は初めて髪の毛を染めようと思っている人向けの記事です!

では早速紹介していきます!

1.明るい色に染めるならば美容室に行く

20190530193625

まず1つ目の注意すべき点は「明るい色に染めるならば美容院に行く」ということです。

 

これはなぜか?というと家でセルフカラーをすると、色にムラができる可能性があるからです。

もし仮に暗めの色にしていると、ムラができたとしても目立ちにくいです。

しかし、明るい色にしてしまうとかなりムラが目立ちます

ムラができてから急いで美容室に行ってもいいですが2度手間になります。

 

確かに美容院に行くとカラーは数千円くらいかかりますが、人生初のカラーくらいは安全策をとりましょう。

2.セルフカラーをする際は他人がいる状況でする

20190331095843

自分は暗めの色に染めるし、お金もケチりたいし、自分の家でセルフカラーにしよう!

と思って意気揚々とカラー剤を買いに行きますよね?

そして嬉しくなってすぐに染めたくなる。と言う気持ちもわかります。

 

しかし、セルフカラーをするときは必ず他人がいる状況でやりましょう

親でも兄弟でも、友達でもいいです。

 

これはなぜかというと、初めてのセルフカラーでは何かと予想外のことが起こりやすいからです。

例えば、髪の毛にカラー剤を塗りつけた後に、鏡を持ってきていないことに気づいたりとか、クシを用意していないのに、頭にカラー剤を塗りつけちゃったりとか。

カラー剤を頭に塗りつけた状態で動き回ることはできません

必ず近くに自由に動ける人を1人置いときましょう。

クロ
クロ
できればセルフカラー経験者の方がいいですね。

3.セルフカラーはパッケージの色通りにはならない

20190423132111

セルフカラーで初めて髪の毛を染めるときに絶対に失敗してしまうのが「あれ?パッケージの色と全然違うぞ問題」です。

セルフカラーでは絶対にカラー剤のパッケージ通りの明るさにはなりません。

 

カラー剤のパッケージは元々ある程度髪の色が明るい人が使ったときの色を書いています。

今まで染めたことのないあなたが使っても、色が入りにくいためパッケージよりもかなり暗い色になります

なので、自分の思い通りの色にしたい、とか明るい色にしたいと言う場合は、美容師にやってもらいましょう。

 

クロ
クロ
初めてでセルフカラーをやってもいいのは、とりあえず暗い色でもいいから染めてみたいなぁ。という人のみだと思っていてください。

4.初めての髪染めの色は奇抜過ぎない色にする

20190329125658

たまにいるんですが、初めてのカラーで赤とか青とかにしよう。

と思っている人はちょっと思いとどまってほしいんですよ。

個性を出したいから。という言い分もよくわかりますが、急に奇抜な色に染められると、周りの人が引きます。

一旦茶色で様子をみませんか?

奇抜な色にするとファッションセンスも問われるということを覚えておいてくださいね。

5.バイトの選択肢が減ることを覚悟しておく

20190331162348

大学生になるとやることといえば、髪染め以外に「アルバイト」がありますよね。

 

アルバイトの勤務先もう決まっていますか?

もう決まっているのであれば、髪の毛を染めていいかの確認はしておきましょう。

まだ決まっていないという人は、髪を染めるとアルバイトの選択肢が減ると言うことは覚悟しておきましょう。

 

特に男性の場合は髪色に厳しい職場が多いですよ。

クロ
クロ
僕がバイトした中でも、デパートの駐車場・カラオケ・塾講師などが髪染めに厳しかったですね。

やりたいバイトがあるのであれば、髪染めOKかどうか聞いてから染めた方が安全ですよ!

6.眉毛の色も抜いた方が自然

20190329130103

僕の大学でたまに見かけるのが、「髪の色むっちゃ明るいけど眉毛は真っ黒なやつ」ですね。

クロ
クロ
正直クソダサい

特に金髪にしてるのに眉毛真っ黒ってなるとすごく残念です。田舎者感がすごいです。

 

暗めの色合いにする人は眉毛が黒くても不自然ではありません。

しかし、明るめの髪色にするときは眉毛の色も抜いておきましょう

 

(僕の経験上)美容室で髪染めをするときでも眉毛の色を抜くか聞いてくれません。

自分から言ったらしてくれるようですが、僕は毎回眉毛は家で色を抜いています。

 

眉毛は染める頻度が高いので眉毛用のブリーチは1つ買っておいた方がいいですよ.

眉毛用のブリーチで僕がよく使うのが「JOLEN」という商品です。

おそらく一番有名な眉毛用ブリーチでしょう。

眉毛が太くて色が抜けにくい僕でも綺麗に色を抜いてくれる便利な一品です。

 

クロ
クロ
結構値段は高いですが、これ1つ持っておけばだいたい半年はいい感じの眉毛を保つことができますよ。

まとめ

初めての髪染めはかなりワクワクするでしょう。

どんな色にしようかなぁ。とドラックストアで悩むのも楽しいですが、絶対にパッケージ通りの色にはなりません。

安全策をとるならば、家で自分でするのではなく、美容院に行ってプロにお願いしましょうね。

 

この記事は以上で終わりです。

初めて髪の毛を染める大学生の役に少しでも立てたなら幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。