アルバイト

バイトを辞めたいけど辞める事を伝えづらいという人へ〜正しいバイトの辞め方〜

クロ
クロ
こんにちは!クロです!

 

今回は、僕もかなり悩んだことのある「バイトの辞め方」について話していきたいと思います。

 

「面接時は1年続けるって言ったけどもう辞めたいのは言いづらい」

「今私が辞めたら店が回らなくなりそう」

とか考えている人いませんか?

クロ
クロ
少なくとも僕はこのようなことで悩んだことはたくさんあります。

 

そこで今回は何個もバイトを辞めてきた僕が

この記事の内容
  • バイトを辞めるのはおかしいことではない
  • バイトの正しい辞め方の手順
  • バイトを辞める言い訳集
  • バイトを辞めさせてもらえない時の対処法

ということを話していきます。

 

これを読めばやめると伝えるのが怖いと思うことはなくなりますよ。

では話していきましょう!

バイトを辞めるのはおかしいことではない

バイトを辞めたいなぁと思っている理由は人それぞれです。

そしてバイトを辞めると伝えづらい理由も人それぞれです。

 

しかし、バイトを辞める権利は誰にでもあります

どんなにしょうもない理由だろうと辞めることはできます。

 

さらに、バイトを辞める人なんて珍しくありません。

1ヶ月目で辞める人もたくさんいますし、数週間で辞める人もたくさんいます。

店長もアルバイトが辞めるところなんて何回も見てきています

 

クロ
クロ
辞めるのを伝えづらくてズルズルと続ける必要はないですよ。

 

僕は契約満了以外で10以上のバイト先に辞めることを伝えてきました。

その結果理由を聞かれることはあっても怒られたりすることは全くありませんでした

(何個か辞めさせてもらえなかったバイト先はありますが、その時の対処法については後述します。)

 

伝えたところで何か大変なことが起きるというわけではありません。

クロ
クロ
早めに伝えておきましょう。

バイトの正しい辞め方の手順

バイトを辞めるのはおかしなことではない、といってもやはりバイトを辞めるのを伝えるには勇気がいります。

 

そういう時は最上級に正しいバイトの辞め方の手順を踏んで、罪悪感を消していきましょう。

「ここまで丁寧に手順を踏んでやったんだから別に辞めてもいいでしょ?」

ってくらい上から目線で大丈夫です。

 

その手順とは

  1. 辞める1ヶ月前に責任者に退職の意思を直接伝える。
  2. 最後の1ヶ月間はいつもより一生懸命働く
  3. 退職後は制服をクリーニングして返す

この3つをこなしておけば円満すぎる退職が出来るでしょう。

 

1つずつ詳しく説明していきます。

①1ヶ月前に責任者に直接退職の意思を伝える

まず初めのステップとして1ヶ月前に責任者に直接退職の意思を伝えなければなりません

大事なのは1ヶ月前という点と直接という点です。

それぞれ詳しく説明していきます。

1ヶ月前に伝える理由

法律上は2週間前に退職を伝えれば辞めることができます。

しかし、その2倍の期間である1ヶ月前に退職の意思を伝えましょう

 

これは単純に自分が

「一ヶ月前に伝えてやったんだから辞めさせろよなぁ?」

と上から目線で考えることができ、伝えやすくなるからです。

 

クロ
クロ
1ヶ月前に伝えるなんて素晴らしいですよ!

 

逆に感謝して欲しいくらい!

と思っておきましょう。

直接伝える理由

メールの方が伝えやすいじゃん!と思うかもしれません。

 

しかし、ここは直接伝えに行きましょう。

もしメールで伝えてしまうと、責任者に返信を考えさせる時間を与えてしまいます。

考える時間を与えると丸め込まれて、結局辞めれない方向に進む可能性があります。

 

直接伝えに行くことで責任者は反論を考える時間が短くなるため、逆にこっちが丸め込みやすくなります。

 

そういった理由だけじゃなく、メールで伝えてしまうと次にそのバイト先に働きに行くのが辛くなるということも理由に挙げられます。

クロ
クロ
とりあえず直接伝えましょう。

 

辞めるということを伝えるタイミングは、責任者が帰る時に伝えるのがいいでしょう

そのタイミングは、自分はシフト内の時間なのであまり長く話し込むこともできません。

 

さらに責任者も早く帰りたがっているので、長い話をして引き止められることがあまりありません。

 

退職したいと伝える場合

  • 辞める日にち
  • 辞める理由

の2つを端的に伝えましょう。

②最後の1ヶ月はいつもよりも一生懸命働く

最後の1ヶ月はいつもよりも一生懸命働きましょう。

クロ
クロ
終わりよければ全て良しの理論です。

 

最後の一ヶ月だけ一生懸命働くだけで、辞めた後に「◯◯は働き者だったなぁ」という評価を得ることができます。

クロ
クロ
円満退職するに越したことはないですよ。

③退職後は制服をクリーニングして返す

制服のクリーニングまでしたらもう円満退職確定です。

あいつはちゃんとした奴だった。

と店長やバイト先の人の記憶に刻まれるでしょう。

バイトを辞める言い訳集

バイトを辞める際に必要になってくるのが「辞める理由」ですよね。

本当にちゃんとした辞める理由があるのならばそれを伝えたらいいと思います。

 

しかし、「飽きてきた」「めんどくなった」「しんどい」という理由で辞めたくなることもありますよね。

そのまま伝えてはいけませんよ。ちゃんと嘘でも理由は作っておきましょう。

 

そこで今回は汎用性が高いバイトを辞める言い訳を幾つか紹介していきます。

1.部活やサークルが忙しくなるため

部活やサークルが忙しくなるためという理由は1番簡単に使えるでしょう。

クロ
クロ
僕もかなりこれを使いました。

 

大学の部活事情やサークル事情を店長が知るはずもありません。

僕が忙しいといえば忙しいんです。

 

平日も土日も全部予定が入ります。といえばもう辞めさせるしかないですものね。

2.バイトが自分と合っていなかった

バイトに入りたての人や、すぐ近くで他のバイトを始めたいという人はこの言い訳を使うといいでしょう

 

このバイトは自分と合っていなかった。

そういう風に抽象的に伝えましょう。

 

抽象的に伝えると店長も引き止める具体案は出てきません。

合ってなかったんです。これくらいでいいでしょう。

3.学業に専念したい

学生の人なら勉強は第一に考えなければなりません。

学業に専念したいため、と言われてうまく引き止められる大人なんていません。

 

別に本当に専念しなくてもいいんです。

専念したいという気持ちを持っているという感じで辞めましょう。

4.家庭の事情

バイトを辞める鉄板ネタですね。僕の周りでは使っている人が多かったです。

 

家庭の事情と言われると突っ込んだことは聞けません

とんでもない理由が出てくるかもしれませんからね。

 

ですが、結構この理由を使う人が多いので、そんなに家庭の事情がある奴多いか?と考えている店長は少なくありません。

 

上の3つのうちどれかを選んだほうがいいと思いますよ。

どの理由を使うとしても、辞める理由はそこまで突っ込まれることはありません。

 

しかし、多少突っ込まれた時にちゃんと返答できるようにある程度設定は作り込んでから行きましょう。

バイトを辞めさせてもらえない時の対処法

バイトを辞めたいと言っても、いろいろ理由をつけられて辞めさせてもらえないパターンって結構あるんですよ。

僕も今までで3回ありました。

 

辞めたいと伝えると

「はぁ?むり」

「次の人育ててから辞めて」

「人足りないからむり」

なんて言われました。

クロ
クロ
むかつきますね。

 

人足りないのも僕が悪いわけではない。

次の新人を育てるのも僕の役目ではない。

 

そんな時は!

迷いなくばっくれちゃいましょう!

ばっくれについて詳しく話していきますね。

バックれの方法

バックれはかなり簡単です。

たった2つの手順を踏むと簡単にバックれることができます。

 

その手順とは

  1. ラインと電話を着拒する
  2. シフトに出ない

終わりです。

クロ
クロ
簡単でしょう?

 

さきにラインと電話着拒しとかないと、鬼電と鬼のようなラインがきますよ。

ネタとして置いといてもいいかもしれませんが。

バックれするとどうなるの?

結論から言うとどうもなりません。

 

僕も3回ばっくれしました。何も起こりません。

 

しかし、気をつけないといけないことが一つあります。

辞める意思を伝えてから2週間は働きましょう。

法律上2週間前に辞める意思を伝えていれば大丈夫なので、2週間働いてから堂々とバックれましょう。

 

まぁ僕は2週間経ってなくてバックれても何も起きたことないんですけどね。

辞めさせないこと自体違法なのでバックれを気に病む必要なんかありませんよ。

まとめ

今回はバイトの辞め方について話してきました。

ばっくれという方法についても話しましたが、円満に辞めるに越したことはありません。

バックれは最終手段としましょう。

 

この記事は以上で終わりです。

バイトの辞め方に困っている人の役に少しでも立てたなら幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。