大学生活

[黒歴史]昔の恥ずかしい事を思い出して「うわぁぁ…」となる時の対処法を5つ紹介する

クロ
クロ
こんにちは!クロです!

あなたも過去の恥ずかしい出来事をふとした瞬間に思い出して、胸がキューっとなった事ありますよね。

YouTubeを見ている時、漫画を見ている時、TVを見ている時、ネットサーフィンをしている時など、時間帯や場所を問わず黒歴史の波はやってきます。

  • あぁ、恥ずかしい。
  • こんな思い出消してしまいたい。
  • 黒歴史があるせいで行動できない。

何て事もあると思います。

そこで今回は

この記事の内容
  • 黒歴史に悩まされないための対処法

を紹介していきます!

 

この記事は、自分の過去の恥ずかしい思い出(黒歴史)に悩まされている人向けの記事です。

では早速紹介していきます。

対処法①:他人は意外と覚えていないという考え方をする

20190331095834

黒歴史(昔あった恥ずかしい思い出)の多くは、

  • 自分の失敗を他人に見られた。
  • 人前で痛い言動や行動をしてしまった。

など、他人が絡んだ思い出でしょう。

他人に知られていなかったら、どんな失敗があってもあまり恥ずかしくありませんからね。

 

つまり、あなたの黒歴史は他人がいて初めて成立するものです。

しかし、あなたの黒歴史になるような出来事なんて他人は覚えていません

気にしているのはあなただけです。

 

例えばこの前ぼくが中学の同級生の友達と飲みに行った時に、その友達が

「中学の頃の俺はおかしかった。黒歴史ばっかりだ。」

と言っていましたが、僕はその友達の何が黒歴史なのか1つも覚えていませんでした。

 

あなたも周りの人を思い出して、「この人この時見てて恥ずかしかったなぁ。」と思う事は少ないですよね。

 

実際あなたが黒歴史だと思っている思い出も、他人からしたらちょっとした笑い話である事が多いのです。

あまり気にしないでもいいでしょう。

対処法②:誰にだって恥ずかしい思い出はあると開き直る

20190331095840

あなたが恥ずかしい思い出を持っているのと同じように、他の人だって恥ずかしい思い出があります。

僕もあります。多分あなたよりもたくさんあります。

なので開き直ってください。自分だけじゃないんです。

 

実際に「黒歴史を思い出して死にたくなる人の割合」というアンケート結果があります。

20190609134338

(参照:「黒歴史」を思い出して死にたくなる人の割合は? 若い女性は恥ずかしがり屋か (2019年4月8日) – エキサイトニュース)

この表を見てもわかるようにかなり多くの人が黒歴史に悩んでいます。

 

自分の恥ずかしい思い出を叩くような人はいませんし、叩いている人も恥ずかしい思い出を持っています。

そう考えると多少気が楽になりますよね。

対処法③:話のネタにしてしまう

20190609142349

あなたの失敗談を思い切って話のネタにしてしまいましょう。

黒歴史になるような思い出って他人が聞いたら笑ってしまうような事が多いんですよね。

 

話のネタにしてしまうと、自分の心の中に秘めているよりも重要性が下がります。

「恥ずかしい思い出」から「ネタにできるくらい面白い思い出」に変わります。

クロ
クロ
実際に僕も黒歴史を積極的に人に話すようになってから、思い出して胸が痛くなる事は少なくなりました。

飲み会の席などで話すのはハードルが低いのでオススメですよ。

飲み会で話した内容なんか次の日には忘れていますしね。

対処法④:記憶から抹消する

20190423132106

「あの思い出は自分の出来事ではない!」と記憶から抹消しましょう。セルフ洗脳です。

 

あの思い出は実は友達の◯◯君がやっているのを見ただけだったのだ。

それを自分の思い出と勘違いしてしまっているのだ。

と毎日自分に言い聞かせましょう。

 

そうするとしばらくすると本当に、「あの思い出は自分の事じゃなかったんだ」と思えるようになります。

嘘のような話ですが、本当の話です。

一度試してみてくださいね。

対処法⑤:ネットで他人の黒歴史を探す

20190423132111

自分よりももっとひどい黒歴史を持っている人を探すというのも1つの手です。

 

ネット上には様々な黒歴史が転がっています。

「黒歴史」と検索するだけで様々な体験談が出てきます。

こんなのに比べたら自分の黒歴史なんてたいした事ないじゃないか。

そういう風に考える事ができますよね。

 

自分よりもおかしな人を探すというのはとても重要な事ですよ。

まとめ

基本的にあなたが恥ずかしいと思っている思い出は他人から見ると笑い話です。

気にしているのは自分だけという事を知っておいてください。

 

この記事は以上で終わりです。

黒歴史に悩む人の役に少しでも立てたなら幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。